2010年07月01日

タチウオの富士川沖情報 〜 6月29日釣行

何とかの一つ覚えみたいにキス釣りばかりやっているので
富士川沖のタチウオ、どうだろかと。

ダメなら何とかの一つをやればいいと。

凪は良かったが濃霧で速度を出せず25ノット程でポイントへ。
だが魚影は出ない。

そこそこ広範囲を探ったらポチポチ小さいのが出てた。

先に船外機艇が来てたが羨ましいくらいに魚影に乗せてるみたい。
だってその場で回転出来るんだもん。

ダボハゼ丸は魚影を確認しても
アスターンかけて船足止めるしか手立てがないから
やはりこういう場面は船外機やドライブ船の勝ち。

で、何とかごみ拾いみたいに魚影を拾いながら、
やっと5本。

うっひょー、でっけぇー。

F4が1本。
Aさん10本捕った。

本格的になるのはもう少しではないか。

ちなみに40〜70m立ちの海面から10〜20mに棚はあった。
あまり本気でもなかったので
がっちがちのぼろぼろジグ60gを使ってみましたがOKでした。

3時間程やってみたが、この程度の魚影ではシャフト船では効率悪いので
何とかの一つに変更。
これも悪くなかったですよ。

泳がせは2人してサメばかり。
今年はシュモクザメの幼魚が多く船の周囲を回ってた。

いよいよ待望のタチシーズン到来か。
楽しみだ。

腕にガッガッガッ、てくるやつ、たまんないもんねぇー。
食べて旨いしぃー。


001.jpg
泳がせにかかったシュモクの幼魚。
“ステレオ”の目付きがちょっとかわいい。


002.jpg
タチウオは釣り上げた時に活き締めと血抜きのため
はさみで頭を落としてます。


003.jpg
何とかの一つ・・・


004.jpg
タチの背鰭と腹鰭の骨せんべい
タチの捌きは近々載せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:37 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする