2010年07月06日

タチウオの酢締めを作る

形が変わった魚体ですが意外と簡単です。


001.jpg
これからタチウオ捌きます。
写真の状態は3等分した中の一切れです。
鱗がないのでとても楽です。
また釣り上げた時、血抜き活き締めの為、頭をはさみで切っているので
その時に内蔵の一部も出てしまい腹わたもほとんどありませんが
一応他の魚同様、腹を割いて中を水洗いし拭き取った状態です。
背鰭の左右に包丁を入れる。

タチウオの銀色の皮は身も薄く包丁が滑り易いので
手を怪我する危険があるから念入りによく研いだ包丁をお使いください。
また研いだばかりの包丁は鉄臭さがあり、これが身に移りますから
少なくとも使用する4〜5時間前には研いでおきたいものです。


002.jpg
背鰭の左右に包丁を入れた後、包丁の顎で背鰭の端を押さえ身の方を引っ張ると
背鰭はきれいに取れるが言葉では表現できないちょっとした“コツ”があって
初めの中は背鰭が途中で切れてしまうことがある。
(コツというのは刃先を入れる深さと角度)


003.jpg
肛門から下の長い尻鰭の骨が
身の中に隠れているので背鰭同様の処理をする。


004.jpg
背鰭と尻鰭の骨を取り除きました。


005.jpg
他の魚同様、中骨の上を包丁の刃を滑らすように身を外していくが
頭の方から包丁を入れた方がやり易い。


006.jpg
3等分した真ん中の身を使っておろした状態。


007.jpg
上は中骨、背鰭、尻鰭。下は尻尾の部分。
中骨は少々硬いので出汁にすると良い。
他は唐揚げで。
包丁は相出刃です。
相出刃包丁は出刃包丁より厚さ全体が薄くできているので
身をおろすのに使い易い。


008.jpg
身だけになりました。
煮魚・焼魚・フライ・干物などはこの状態で。


009.jpg
ここからは酢締めをします。
ざるにこのぐらいの塩をふります。
高価な塩は必要ありません。


010.jpg
身を乗せたらその上にもこれぐらいの塩をして約20分たったら水洗いして
拭き取り酢に漬ける。
砂糖を5%くらい入れると旨味が増す。
約20分後、酢から揚げたらよく拭き取ってざるにでも並べ
ラップをかけずに冷蔵庫に1時間程入れ、余分な酢の水分を飛ばす。


011.jpg
皮を1mmくらいのハモ切りにする。
この作業もすぐに慣れます。
(タチウオは皮と身の間に旨味が多いので皮を引かずハモ切りにする)

適当な大きさに切って山葵醤油で食べてみてください。
こんな旨い食べ物あるかというくらい瞠目間違いなし。
ただし酢の物嫌いな方はだめですね。


012.jpg
完成品。いつでも“出荷”できます。
(皿は三上 亮さんの作陶)

え〜い、ここまで書いたんだったら干物もいっちゃいましょう!


013.jpg
10%の塩水に3枚におろした身を約7分漬けて水洗いし拭き取り
ざるにでも並べてラップをしないで冷蔵庫へ入れて一昼夜。
一夜干しの出来上がり。
テフロン加工してあるフライパンでさっと炙ってこれもグー。


001.jpg
タチウオはどんな食べ方をしてもおいしい魚。
この前スーパーでF3クラスの3等分の1切れ、
380円で売ってましたよ。うぇー!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:58 | 神奈川 🌁 | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

タチウオの富士川沖情報(2) 〜 7月2日釣行

濃霧の季節で操船には神経使います。

興津沖から富士川方面は見えないが凪は良い。
ポイントに入るも魚探モニターは良い情報を示さない。

しばらく探し回りカタクチのベイトを見つけその下にジグを落とすと
直ぐガッガッガッときましたねー。

魚影の範囲は少しずつ広くなり難無く乗せられるようになったと思ったら
入れ食いというか入れ掛かりというか
バーチカルジギングの一番心躍るシーンに。

バウのAさん嬉しそうにジャンジャン釣ってる。
こちとらだってジャンジャン。

ガチガチのボロジグでよく釣れるわ。

影が無くなっても少し探せばまた良い状態に。
F3が主体にF4やF2.5なんてのも混じる。

時間を忘れ夢中でやってたら腕がメロメロになってきた。
Aさんも腕の屈伸やってる。

深さは40m〜70m。
棚は5m〜25mと広い。
船からタチが見えているのだから。

見えてる魚は釣れないと言うがタチは例外のようだ。
ボロジグに食いつくの見えるんです。

疲れたね〜、腱鞘炎だぁ〜、なんて。
腕休めに少しだけキスやって帰ろうということに。

で、キスは15匹。
今日は数えられた。良い一日だった。

これからタチのお相手忙しくなるぞ。

001.jpg
Aさんタチ釣り上げてご機嫌な様子。


002.jpg
こんなポンコツのジグで二桁のkg釣果。
早い話が何だって釣れる時は釣れる。
釣れない時は何やっても釣れないってことですか。

それにしてもひどいジグですね。
フックのリングと根元が錆びちゃってるよ。


003.jpg
いったい何本あるのかしら。捌くの大変だ。


004.jpg
今日のキスは数えられます。
2時間で15匹。効率悪い。


明日はこのタチウオの調理をアップします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:45 | 神奈川 🌁 | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

キス釣りシーズンたけなわ

前回何とかの一つ覚えなんて書いたけど
後から考えたらキスちゃんにえらい失礼なこと書いちゃった。
キスちゃんゴメンネ。

キスの方だってね、
あのダボハゼ丸また来よった。皆んな気ぃつけやぁー。
なんて仲間内で話してますよ、きっと。

しかしね、キスは損してますよ。

だってね、釣り味が良い。食べても旨い。
この二つだけでえらい損してる。

針掛かりした時のあのパワーは小さい魚体のどこに秘められているのか。
釣り人を魅了するに十分だ。

そうそう、この強烈な引きね、針掛かりしてから長くは続かないから、
アクションの強いほんの一時は強引にリールを巻かないで
竿のしなりでいなしてやると良い。

何しろあの小さい体、そんなに長く抵抗できる訳ない。
すぐにくたびれて抵抗は半減する。
それからスピードをつけてリールを巻いたって遅くはない。

キス釣り大会のシーズンですね。

数量を競うのか、大きさを競うのか。
いずれにしても数量を沢山釣れば大型の混じる確率も高くなる。

前にも書きましたが針ス50センチの1本針、ジャリメはトロトロでしたね。
もう一つ大事なことがあります。

中々気が付かない事なんですが、大会ともなれば張り切って
仕掛けをなるべく遠くへ飛ばしたくなるのが人情ってものですね。

ところがこれは不合理。
なぜか?
3つあります。

まず遠投げしようと力んでしまうと仕掛けがおまつりする。

2番目は仕掛けが着底するまでの時間のロス。

3番目は魚が掛かった時巻上げに時間がかかる。

だから錘りの反動だけのちょい投げの方が合理的。
今の時期のキスは船下でも釣れるのだから。

これも前に書きましたが針スのパーマ、これは致命的です。
合わせがずれてしまいます。

キス釣り大会への出場の方、がんばってください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:59 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

車って100万キロ走るかしら

今使ってる車、先の記事(ネズミ捕り)で少し触れましたが
走行40万km越えてます。
特別どうってことなく当たり前に使い続けています。

100万kmまではちょっと予測つかないが。
50万km、60万kmは楽々でしょ。

使ってる車(愛車なんて言いません)はランクル100のディーゼル車で
10年を過ぎました。

メンテナンスは全てディーラーに任せてますが、定期的にしてるのは

○1万km毎のエンジンオイルの交換
○2万km毎のエンジンオイルフィルターの交換
○10万km毎のタイミングベルトの交換

この以上3点のみ。

30万kmの時、フロントハブベアリングの交換をしたのが
1度だけの大きな整備だった。
これは回転部分だから仕方ない。

洗車なんてオイル交換時にディーラーがしてくれる時だけ。

ワックス掛け?

しないしない。

タイヤは8〜9万km毎に交換してるが、その時塗られるワックス、
黒くテカテカきまり悪いから断ってる。

とにかく車は使えば使うほど減るものばかりの固まりで(減らしの美学?)
燃料を始め金属部、樹脂部、その他増えるもの一つもない。

増えるのはそれらに支出する金額と事故などの危険率だけ。
だから出来るだけ上手に使いたいですね。

昨今、外国でいろいろ言われているトヨタ車。
こうして使い続けているととても信頼できるんですがねー。
故障なしで40万kmですよ。

こんないい車ないと思うほどに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:38 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

クロネコヤマトの宅急便♪(宅急便をつくった男)

厳しい管理社会の中で新たに企業を興し成功に導くのは並大抵のことではない。

成功が入り込める隙間を見つけるのが難しいし、
仮に見つけても自分の考えてる案がこの隙間にぴったり収まるか否かの
高度な判断力も要求されるから中々容易なことではない。

ましてやそれまで存在しなかった業態、つまり無から有を生じせしめる業種を
1人の人間が短い人生の中で完成させることは
明晰な頭脳と強大なパワーを要することだろう。

今でこそ空気や水の如く有って当たり前の宅急便。

1976年当時の大和運輸株式会社の社長、
故 小倉昌男が発案し発足させたサービス業だ。
但し取締役全員の反対にあった。
当時は関東地方を対象に始めたのが第一歩。

現在の全国展開までの超リアリティーなドキュメント、
「小倉昌男 経営学」(日系BP出版センター)は
読み応えのある価値ある一冊だ。
(こういう方はもっと長生きしてほしかったと思う)

5年程前に買い求め何度読み返しても勉強になる。
凄い人だというのが読んでの実感だ。

写真を見ると知的で温和な感じを受ける人だ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:30 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする