2010年07月26日

夏のゴマサバ釣り

昨日の記事にも書きましたが、
富士川沖タチウオポイントに“同居”してる鯖の群、
どうも邪魔者扱いされることが多いようですね。

もっともタチにジグを“渡さない”んですから
タチ狙いの人に嫌われるの無理ない。
今までのシーズン中にこんなことあったかしら。

しかしね、この鯖本格的に釣る価値有りに思うんですがダボ船頭は。

鮨屋さんが仕入れてくる身割れのしてない新鮮な鯖はなんと
1kg 1700円ですよ!

私たちが釣ってくるのはそれ以上の鯖ですからね。
特に夏場のゴマサバは。

とにかく何にして食べても超旨い。
鮨屋の様に身を“レア状”に造る締め鯖は筆舌に尽し難い。
この旨さを味わえるのは釣り人の特権ね。

夏場の丸々とした大型のゴマサバは脂が乗ってて干物にしても旨い。
締め鯖と干物の造り方は機会見て書いてみます。

そうそう、スーパーで小さいのが2枚卸し状で398円で売ってましたよ。
もう間違いなく高級魚ですね。

釣り上げた鯖に是非施しておきたいのが、血抜き活き締め。
いわゆる鯖折りをすれば同時に出来るから簡単です。

これちょっとしたコツがあります。

頭を背側に折った時、身を掴んでる方の手で少し力を入れて握るんです。
すると折ったところから鮮血がピューッと飛び散ります。

出なくなったら海水入りバケツに入れ残った血を流出させ
5分もしたら頭と内臓を取ってカモメちゃんに。
あーぁ、デッキ血だらけだ。
旨く食べるためには仕方ないね。

内臓に居るアニサキスは魚が死ぬと身の中に入り込むらしいのと、
何より内臓が一番早く傷みだすのでこの処理は大切です。

また体温の高い魚のようですから本腰入れて釣るには
いつもの倍くらい氷を用意したいですね。

それとマイナス30度以下の冷凍庫、一つは欲しいです。
一年中旨いタチや鯖、他の干物が食べられるから。

沢山釣って冷凍庫内満タンにしておくと心豊かになること受け合いです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:24 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

海の中はお祭り騒ぎ 〜 7月24日釣行

今日も石花海の根魚釣りに行ける気圧配置だったが結局は富士川沖のタチ、キスに。
しかしタチは行く度様子が異なり今日のは小さいが沢山いる。

相変わらずカタクチのベイトが水面近くにざわざわとして
それを捕食しようとタチがジャンプしてた。

それに大型の鯖の群れが入ってタチのジグに掛かる。
タチ、カタクチ、サバでお祭り状態。

そういえばしばらく締め鯖食ってないなぁ。
よーし、それじゃぁ一丁本腰でやろうよ、とAさんに。
同じ様に頭の中は締め鯖みたいだったらしく既にジャンジャン。

一匹一匹釣り上げる毎、血抜き活き締めをするものだからデッキが血だらけ。
10匹も釣って、もうよそうよ、という事に。

鯖って血の気が多いためか体温が高いんですね。
クーラーの氷が見る見る解けてしまう。

少しだけキスやって9時には沖上がり。

その日の中に待望の締め鯖造って旨かったよ。
丸々としたゴマ鯖で脂がよくのってた。

そうそう、夏場の真鯖は脂が落ちて旨くないが、
ゴマ鯖は一年中味が変わらないから夏場は脂ものっておいしいですね。

私の造る締め鯖は寿司屋風で中身がレア状態に造ります。


img.001.jpg
一体何を釣りに行ったんだが、その場しのぎみたいね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:30 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

高速道路・インターの助走路から走行車線へ

高速道路の走行車線を鼻歌まじりで走ってると思ってください。

右後方に追越車線を走ってくる車がある時、
左側のインター助走路から走行車線に流入してくる車があると思ってください。

この時流入してくるドライバーの腕が良ければ
あなたは何らストレスを感じなくて済みますが、
下手なドライバーだったりすると
イライラのストレスを与えられることになります。

さぁこの流入してくる車のドライバーの腕の差はどこにあるのでしょう。

短く言えば流入してくるドライバーの腕が良ければ
一気にパワー全開で走行車線の車にストレスを与えることなく
前方に入り込めます。

またそれは無理と判断する時、走行車線上の車の後ろ、
またはその何台目かの後ろに入る事になりますが
大切なのはこのどちらかにするかの一瞬の判断が出来るか否かなんですね。

最悪のシーンは何十メートル、
あるいはもっと長い間走行車線上の車と平行して走ることなんです。

走行車線を走っている車は流入してくる車に対して
先に出るのか後ろに付くのかはっきりしろい、こんにゃろー、
なんて大いにストレスを感じますね。

つまり助走路を走ってくるドライバーは
自分の車のパワーを熟知しておく必要があるんです。

その上で走行車線上の車に明瞭な意思表示を車の動きですべきなのです。
何と言っても走行車線上の車に優先権がある筈なのですから
ストレスを与えてはいけません。

高速道はスマートで腕の良さを見せるステージなのですから
上手な運転をしたいですね。
それが格好いい運転になるのですから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 07:17 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

信号サイクル

街中を車で走っていて信号サイクルを注視すると
そこを管轄するおまーりさんのオツムの良さ加減が分かる気がする。

(ってあまりにおまーりさんネタが多いので専用カテゴリ作っちゃったわ)

交通量が甚だ多い主要道と
交差する交通量の少ない道路との信号サイクルのことだ。
これを上手にやらないと交通量の多い主要道がいつも渋滞することになる。

つまり信号サイクルを設定するに配電盤を触ることになるが
この時のおまーりさんのオツム次第で渋滞の原因を作ってしまうことになる。

何にもないのに主要道がいつも同じ場所で起こる渋滞は正にこれだ。

一方、今までハッケヨーイではないが全方向の道路が整然と流れていたのが
ある日を境にしてとんでもない渋滞が起こることがある。

良い例がある。

神奈川県の小田原厚木道路、厚木の出口。
ここは下りて直ぐに複雑な説明のし難い交差点があって
時々ドライバー同士が割り込みが原因で鼻血を出しながら殴り合いを演じる所。

ここ何年か前は頭の切れるおまーりさんが担当してたと見えて
全ての流れがそれは見事だったのだが、
ある日を境に突然全ての流れに渋滞が発生しだした。

結果的に小田原厚木道路から下りてくる車もこれに巻き込まれ
本線上に列を作るようになり、路肩帯の無い本線でいつ追突事故が起きても
おかしくない状態になってしまった。

ここの信号サイクルを担当するおまーりさんが入れ替わって
いらん事したんやろなぁ。

信号サイクルの設定は一歩間違えば
大事故につながりかねない場所もある重要な仕事だ。

是非ともオツムの切れるおまーりさんに任せてもらいたいものだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:40 | 神奈川 ☀ | 【警】−おまーりさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

タチウオちゃん早目の盆踊り大会 〜 7月21日釣行

出航時、ペラに何かが絡んだみたいで異様な振動。
大事を取って18ノット程で富士川沖へ。

さてさて何はともあれ魚探ぎょたんわくわく。

おっ!いるぞ、いるいる!
それも広範囲に!
濁り具合も丁度良さそうだ。楽しくなりそうだぞ。

水面下のカタクチだろか、
それを狙って子供のタッチャン、ジャンプして朝日を受けきらっと光ってる。

ではではとジグを落とすとAさん共々一発できた。
F3本クラス、小さいけど贅沢言ってられない。
きっとタッチャンの子供達が海中で盆踊り大会でもやってるんだ、大勢で。

とにかくまだ他船は一艇も来てないから貸切状態でやりたい放題。
潮回りなんて全然やらなくても反応は出っ放し。

他船が集まってきた。
ルアーのベテラン船、海生丸も。

どの船も釣り始めるとやはり動かない。
F4本クラスが少しだけ混じるがシラガも多く
Aさんと二人で20本は投げた(北海道弁で拾てたの意味)だろうか。

リリースなんて体裁良いことではなく捌くのが面倒なだけ。
さすがに自称青年の腕っぷしにもガタが出てきた。

先程からキスのポイントに一艇だけ入っているが、
中川キャプテンの海桜丸のように見えなくもない。

タッチャンはもういいからキスにチェンジしようと近くに行ってみる。
やはり海桜丸だ。

船を接近させ、こんにちは。
中川キャプテンも笑顔で挨拶してくれ、キスもぼちぼちよ、と。

それじゃぁ近くでやってみようと、船を並べて一投目から二人して中型を。
ジギングでガタがきてた腕はほっとしてる。
おかずくらいは釣ったから早上がりしようと沖上がり。

釣りで夢中で忘れてたペラのトラブル。
何だか良くなったみたい。
でも念には念をと35ノット程に上げてみると振動は全くなくなった。
良かった。

今日最高の一日でした。
タッチャン小さかったけど、中川幸子キャプテン有難さんでした。


001.jpg
Aさん、今日もご機嫌でやり放題。


002.jpg
タチの頭をはさみで落とし血抜き活き締めのAさん。


003.jpg
今回も数量、ご想像にお任せ。
さぁー、これから下ごしらえ。張り切って。でも大変。


004.jpg
2時間足らずで中型揃いが25匹。
酢締めで食べるか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:11 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする