2010年06月20日

カァーチャンには内緒ないしょ

ダイビングで潜水病になってしばらく海から遠ざかってたある日、
ボートで釣りでもしてみたいなぁ、とふと思った。

駿河湾奥の淡島の近くに貸しボート屋があるのを知ってたので
手こぎボートを借り海に出た。

ところが、ここ釣れないからあっちへ行こう、こっちへ行こうと
また同じことのくり返しで手こぎボートって遅いのに疲れる。
手に豆もできるし。

こんなんならエンジン付の小さいボート買えば楽チンだなんてことに、

思考配線が接続!


帰り道ダイビングしてた時使ってたマリーナの前を通ったら
小さいボートの売り物が目についた。

懐かしさもあって入っていったら当時のスタッフの方がいて、
これも縁だとそれを買い古巣のマリーナを再び使うことに。

ダイビングの時と比べ小さい20フィートで50馬力船外機が付いてたが
これで行動範囲が広がり、糸が立たないと釣りにならないことや
アンカーリングを理解出来る様になる。

ここ迄はいいんです。
問題はここから。

船は今まで全部で5艇乗り継いできましたが、
中古艇は後にも先にもこの20フィートだけで100万円だったんです。

これをカーチャンに内緒にしてた。

だから海へ釣りに行ってくると家を出る時
カーチャンは手こぎの貸しボートで行くとばかり思ってたわけだ。

で、ある時・・・。


ワラサ根という好ポイントで40cmぐらいのマハタを釣った。
これは飛び上がるほど嬉しかった。
マリーナの人もびっくり。

それまでは小さいアジやカワハギぐらいだったので天下取った様な気分になり
悠々と家に帰ってカーチャンにぶら下げて見せた。

どーだっ! とばかり。

そしたら・・・


「アータ!こんな大きな魚、
   手こぎのボートで行けるとこで釣れるんですかぁー!?
   また船買ったんでしょーっ!!」

(うわぁーっ、、いっけねーーーっ!!)

てなことでバレちゃいましたよ。まったく。

でもね、そのマハタ。
カーチャン食べてましたよ。複雑そうな難しい顔して。

しばらく口きいてくれなかったなぁ。。。


ダボハゼ丸1艇目の涙ぐましいドキュメンタリーでした。
おそまつさま。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:52 | ☔ | 【釣】−船の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする