2010年06月20日

カァーチャンには内緒ないしょ

ダイビングで潜水病になってしばらく海から遠ざかってたある日、
ボートで釣りでもしてみたいなぁ、とふと思った。

駿河湾奥の淡島の近くに貸しボート屋があるのを知ってたので
手こぎボートを借り海に出た。

ところが、ここ釣れないからあっちへ行こう、こっちへ行こうと
また同じことのくり返しで手こぎボートって遅いのに疲れる。
手に豆もできるし。

こんなんならエンジン付の小さいボート買えば楽チンだなんてことに、

思考配線が接続!


帰り道ダイビングしてた時使ってたマリーナの前を通ったら
小さいボートの売り物が目についた。

懐かしさもあって入っていったら当時のスタッフの方がいて、
これも縁だとそれを買い古巣のマリーナを再び使うことに。

ダイビングの時と比べ小さい20フィートで50馬力船外機が付いてたが
これで行動範囲が広がり、糸が立たないと釣りにならないことや
アンカーリングを理解出来る様になる。

ここ迄はいいんです。
問題はここから。

船は今まで全部で5艇乗り継いできましたが、
中古艇は後にも先にもこの20フィートだけで100万円だったんです。

これをカーチャンに内緒にしてた。

だから海へ釣りに行ってくると家を出る時
カーチャンは手こぎの貸しボートで行くとばかり思ってたわけだ。

で、ある時・・・。


ワラサ根という好ポイントで40cmぐらいのマハタを釣った。
これは飛び上がるほど嬉しかった。
マリーナの人もびっくり。

それまでは小さいアジやカワハギぐらいだったので天下取った様な気分になり
悠々と家に帰ってカーチャンにぶら下げて見せた。

どーだっ! とばかり。

そしたら・・・


「アータ!こんな大きな魚、
   手こぎのボートで行けるとこで釣れるんですかぁー!?
   また船買ったんでしょーっ!!」

(うわぁーっ、、いっけねーーーっ!!)

てなことでバレちゃいましたよ。まったく。

でもね、そのマハタ。
カーチャン食べてましたよ。複雑そうな難しい顔して。

しばらく口きいてくれなかったなぁ。。。


ダボハゼ丸1艇目の涙ぐましいドキュメンタリーでした。
おそまつさま。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:52 | ☔ | 【釣】−船の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ぶっ壊しちゃった人

つい先だってのことの様に思えるのですが

“自民党をぶっ壊す”

なんて随分派手なパフォーマンスで
おでこの横に青筋立てて息巻いてた人いたけど、
本当に見事にぶっ壊れちゃいましたよね。

パフォーマンスのご当人も全部自分がここまでぶっ壊した訳じゃないと
思ってはいるでしょうけどね。

そしてここまで壊滅的になろうとはご当人夢枕にも思わなかったに違いない。
気の毒を絵に画いたようになっちゃった。

ところで昔は良し悪しは別にして、
いわゆる重厚な政治“家”が多く名を連ねていたが、今はどうだ。

軽薄短小とまでは言いませんが何だか政治“屋”さんばかりの様に感じるのは
アタシだけかしら。

世の中良くしてくれなんて、そんな大それたこと期待しませんよ。
フツーの世の中にしてもらえばそれで結構なんですがね。
税金だってもっと正しく有効に使ってくださいな。

天下りだの談合だの汚職だのって言ってたら
夜が明けちゃうくらいひどい世の中だもん。

この汚職だってよくこの字見てください。
自分の神聖な職業を自ら汚しているんですよ。
読んで字の如く。

でも国会議員選ぶの国民でしたっけね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:27 | ☔ | 【言】−ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

今日はまじめにキス釣り 〜 6月17日釣行

梅雨の晴れ間を見計らっての出船。
気圧配置も悪くない。
ただ雨の後で潮の濁りが入ってくるのが気になる。

キス、マゴチ、ヒラメ狙いで例によって外堤防近くで
マゴチ、ヒラメのごちそう豆アジを釣って由比沖へ。

案の定潮は濁り。

どうだろかとAさんに、やってみましょと、ちょい投げしてみたら
直ぐにプルッときた。
針がかりしなかったけど、
なぁーに当たりさえ確認とれればこっちのもんだ、と。

潮の濁りの厚さは船を前進させた後、直ぐ後進させれば
プロペラで潮がかき回され濁りの厚さが見える。
濁りの方は真水なので比重は海水よりも軽いから下まで濁ることはないんですね。

それでは本格的にと、まずごちそうの豆アジを降ろしてやる。
しっかり頑張ってこいよ、と。

しっかり頑張れって言われたってワタシ食われちゃうんでしょ、と豆アジ。

次、キス本格的にいきましょと直ぐに本格的になった。
形も良くなりつつあるようだが、まだ小さい。

この前と同じように大体70〜80匹も釣ると飽きてくるのと
帰ってからの下ごしらえが気になってくる。

Aさんに

「いつまでやってもきりがないからもう止めようよ」

「そうだね」

とAさん

11時前に帰ることに。

これからしばらくは雨続きで出られないなぁ。

ところで今回はめずらしくマゴチャンお出ましなかった。
潮濁りの影響かなぁ。

ごちそうは知らないうちに2匹“食い逃げ”されたのに。


img001.jpg
キス70匹 2.3kg
これから下ごしらえ楽しいが大変だ
Aさんも同量程の釣果


img002.jpg
鱗もこんなになりますよ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:00 | ☔ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

小話「銀行」

銀行で高額の払い戻しはATMじゃできないから
長い間待たされて通帳と払い戻し伝票を窓口に出すことになるのだが
金額が多いので伝票の余白のところに

「あなたの住所・電話番号をお書きください。
        それと免許証をお持ちでしたら・・・」

なんて面倒なことまで言い出す。

ところが通帳なんか持たないでピストル持って窓口に来た人には全然待たせない。
面倒なこと一切言わない。
直ぐにお金出す。

これいろんな意味で不公平。

せめてピストルの人にも

「只今順番待ちのお客様がいらっしゃいますので、
   こちらの整理券をお取りになってどうぞ後ろの席へ
   お掛けになってお待ちください」

ぐらいのことを言ってもらいたい。

で、順番が来たら

「先程ピストルお持ちで来られた方、3番の窓口までお越し下さい」

なんてね。
それからお金出したって遅くない。



遅いか・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:50 | ☔ | 【咄】−小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

小さいオニカサゴ

ある時、マリーナに某釣り雑誌社主催の取材があった。
何でも駿河湾で、赤・黄・白のアマダイ釣りが主題だと言う。

顔を見れば、あぁこの人かと分かる程度に
あっちこっちに登場してるツリタレが主役のようで
船から降りて桟橋の上に釣果を並べて写真を撮っていた。

近寄って見たら、何と20cmにも満たないオニカサゴも入っているではないか。

「あーぁ、こんな小さいオニ捕ってきちゃって」

と言ったら、ツリタレは顔も上げず何も言わない。
でもまずかったな、と思ったような感じはしましたけど、
取材の他のスタッフも何も言えずじまいだった。

主催の釣り雑誌社もこのツリタレも、

「小さいオニカサゴはリリースしましょう」

なんて記事書いているんですよ。

少々カチンときて雑誌社の編集長宛に
小さなオニカサゴの資源の大切さを手紙に書いて出した。

ところが梨のつぶて。何も言ってこない。

長い間年間購読してたこの雑誌。
次から購読を取り止めたのは言うまでもない。

釣りにそれほど詳しくない人や、初心者が釣ってきたのとは訳が違います。
ましてや自分達だって公にリリースの記事を書いておきながら
やってる事は何ですか、って言いたい。

オニ釣りで一番迷うのは25cmくらいの個体。

食べちゃうべきか、放流か、時々こんなのが掛かると
Aさんとどーしよーか、なんてね。

この前Aさん、結構大きいのポイしてましたよ。
石花海で。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:56 | ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする