2010年06月25日

禁断症状出る寸前に行ってきました 〜 6月24日釣行

【キス釣りの合わせタイミング】

雨が続いていたのに由比沖は濁りがほとんど無かったが
でかいうねりがあった。

どういう訳かキス、一回り小さくなっちゃってる。
それで小さな針に変えて合わせ易くした。

キスの合わせって本当に微妙。デリケート。
針スが少しでもパーマしてると針掛かり率が悪くなる。
そのパーマ部分に合わせの時間的ズレが生じるからでしょうね。

パーマしてたら釣り始めに引っ張って真直ぐ伸ばしてから。

ブルブルッってきますね。
この時に合わせるよりブルっときた時、もっと言えばブっときた時に合わせると
針掛かりの確率がとても良く針も飲まれない。

ところがですね、このブっときた瞬間に手首と腕を反射的に反応させるのって
余程全神経を集中させないとタイミングがずれる。
ずれれば針掛かり率が下がる。

だから本気でキス釣り大会にでも参加すれば結構疲れますね。
(1回だけ出て1回だけ優勝しましたけど)

現場を見たことないんでよく分からないけど、キスの補食活動って
餌を1回丸飲みし、その時異物(針)を感じると
パっ吐き出してしまうのではないのかしら。

だから底物釣りのようにゆっくり聞き上げてからギューンと乗せるのではなく
ブっときた瞬間にビシッと引っかける。
こんな感じではないかしら。

それとね、魚の口に対しての針の大きさを考えると
針が随分大きいです、キスの口には。

オニカサゴ針はムツ針の19号なんてでかいの使いますが
相手の口は人の拳が入ってしまう程の大きさなので
キス針と比べるとこちらの方が比率ははるかに小さい。

キス釣りは奥が深いと言われる所以は
こんな合わせのタイミングにも起因しているのではないかなぁ。

でもおもしろいですね、キス釣り。


img001.jpg
この際、数量はご想像にお任せ
これが

こうなって

img002.jpg
鱗、頭、腹わたを取りました

img003.jpg
ほら今回も鱗がこんなに

そしてこうなりました

img004.jpg
この状態で天ぷら、干物に。
始めからここまで1時間40分かかった。
鱗落としが一番時間かかりおもしろくない作業。

今週末来客で10人以上の“口数”になるので前回分と一緒に
天ぷらで食べてもらいます。


img005.jpg
中骨は唐揚げでパリッと骨せんべいに



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:32 | 神奈川 | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

キス干物の簡単な作り方

シーズンになれば束釣りなんてめずらしくもなくなりますが
さてさて、この大量のキスどうしてます?
そのままご近所へあげても捌くの苦手なんて人もいることだし。

それ以前に出刃包丁なんて我が家には有りません、
ということもあるでしょうしね。

いつも人にあげる時は鱗と頭を取り、開いて中骨を取ってから天種として
またはその状態を干物にして差し上げてます。

このキス、いくら沢山釣ってきても開いた状態で冷凍保存しておけば
しばらくはおいしく食べられます。

この干物作り、何か敷居が高く感じられる方もおいでかと思いますが
なぁーに簡単です。

干物作りはどこぞの何とかの塩が良いとか細かいこと見聞きしますが
そんなことはぜぇーんぜん気にしない。スーパーで売ってる適当な塩で十分。
素材がピカイチなんですから。

これで水10に対し塩1。
つまり10%の塩水を作り開いたキスを5分間漬ける。

その日の気温や湿度で微妙なところはあるが5分で大丈夫。
5分過ぎるとどんどん塩辛くなるので厳守。

これを水洗いし、水気を拭き取りザルにでも並べて
そのままラップをせず冷蔵庫へ入れ、一昼夜。

これで出来上がり。

これを冷凍保存。
ただしこの塩梅は少々薄目の仕上がりになるので物足りない方は
醤油をちょこっと付けてください。
あっ、天ぷらと同様、酢もイケマス。

化学調味料使用の干物とはひと味違う旨さです。

焼く時はテフロン加工してあるフライパンがいいです。
弱火でさっと炙る程度、ほんの少しキツネ色に。

酒進んで二日酔いになっても責任持ちませんからね。
(フライパンを使うのがコツと言えばコツです)


img022.jpg
開いて中骨を取った状態。
これを塩水に5分間漬ける


img001.jpg
テフロン加工してあるフライパンの上に乗せ弱火でさっと炙る。
キツネ色になる程度に。
おいしそうでしょ。
[皿は三上 亮さんの作品]


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:45 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

物陰のおまーりさん

またまたおまーりさんに登場してもらい恐縮です。

この前ネズミ捕りのこと書きました。
スポーツで言うとあれは団体プレー。

一方、やはり物陰に隠れていて一時停止違反者を捕まえているのは
1人でやっているのでこちらは個人プレー。

おまーりさんをおちょくってる訳では決してありませんよ。
だって同じドライバーから見ても
確かにあれは“ひどい”運転と思うのは沢山ありますから。
こういうのは遠慮無くじゃんじゃんしょっ引いちゃってくださいね。

でもね、あの隠れてるっていうのどうも陰湿だなぁ。

要するにですね、法律を作るのも人間。
作ったばかりの法律には血も涙も通ってませんね。

これに血を通わせ時には涙も流し“正常に”活用すべきなのが人間の技、
ってことです。

人間には叡智ってものがあるのですから
おまーりさん、そこんとこ宜しく!

いえいえあたしは捕まったことありませんよ。
だから全然おまーりさんに恨みなんてありませんからね。

あーぁ、、梅雨で釣りに行けないなぁー。
禁断症状出てくる!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:35 | 神奈川 ☔ | 【警】−おまーりさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

沖釣りのほとんど何でもこなせる竿と電動リール

オニカサゴ、アマダイを主にした釣行で満足してる竿と電動リールを
ご紹介しようと思います。

  ※遊漁船とボート釣りでは使う錘りの重さが異なることがありますが
   ボート釣りを基準に書いてます。
   遊漁船はオニでも150号以上の錘りを使う場合があるので
   もう少し硬い竿が適しているかも知れません。
   
もっと言えばこれがあれば何でもこなせると言っても
過言ではない優れものです。
竿も電動リールもダイワ製ですが、宣伝料なんてもらってませんからね。

くれるんならもらっちゃいますけど・・・。

まず竿です。
リーディング–XLアママル(アマダイとマルイカの略)
長さ1.95mの6:4調子
鍾負荷30〜80号(120号までは楽に背負える)
自重143gですから長時間の手持ち可能。
定価:35,700円
実勢価格:24,990円

少々高価ですが大事に使えば相当長期間の使用に耐えられ
何よりこのフィーリングは一度使ってしまうとくせになり手放せなくなります。

   リーディング–XLアママルを使った実釣の写真が
   こちらの記事「また根魚五目」にあります。
   100号の錘で1kgのオニカサゴを釣り上げている竿の状態が分かります。

img002.jpg


次に電動リール。
ハイパータナコン400FBe
ダイワの電動リール中一番安い部類では?
定価:56,800円
実勢価格:39,760円

img001.jpg

使い終わってから真水をかけておけばまず故障しないですね。
軽くて使い勝手もいいし。

これに黒色のポリプロエチレン(PE)3号を400m巻く。
(テンションをかければ巻ける。3号で十分です。)
黒色を使うのは糸切り魚を避ける為。

このセットがあればアマダイは元より
オニカサゴ、アジ、サバ、タチウオ、マゴチ、タイ類、
ヒラメ、イシモチ、イサキにウツボ?

えーっとあと何だっけ、というくらいに何でもこなせる優れものです。

なお、もう少し軟らかい竿を好まれるのなら
やはりダイワのリーディング–XA64IIIがいいでしょう。
同じ6:4調子ですが鍾負荷20〜60号(120号の重りは少しきつい)
これもフィーリングの優れた竿です。
定価:33,600円
実勢価格:23,520円

釣り道具は初めにあまり廉価なもので揃えてしまうと次にもう少し良い物、
その次にもまたと結局トータルしたら高い買い物になってた、
なんてよくあることですから、
はじめっから清水の舞台から飛び降りちゃった方が良かった、
なんてこともね。

ダイワさーーん、こんだけ書いてんだから宣伝料ちょーだぁーいっ!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:34 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

おスモウさん、えらいこっちゃ

時々スモウさんから貴重な貴重なネタをいただいてきましたが
何だかやばいことになってきましたね。

日本の社会、文化の裏々を躍如に露呈して
恥も外聞もあるものか、といったところか。

何たって上段に構えてるのは恐れ多くも
“国技”でしょ、“天覧”でしょ。
どうするのよ、あーた。

何だか末期のそのまた末期症状みたい。

“斯業界”に関係してるあるマンガ家が、
親方同士の勉強会を開いたらどうか云々、新聞に書いてあったが
そんな時はとっくの昔に過ぎてるんでないの。
今そんな悠長なこと言ってる時違うんでないのと言いたいね。

しかしね、こういうことずーっと前からヤオチョー問題を含め
何回も繰り返されてるような気するけど
何かある毎、一番迷惑被っているのは希望に胸膨らませ入ってきた
下の下のそのまた下の若いスモウさん達じゃないのかなぁ。

ほんと気の毒。

そこんとこ思うと暗い気分になるよ。まったく。
この人達にどうやって言い訳するのよ。

親方もへったくりもないじゃん。
親方もバクチなんだから。

ワタシスモウにはあまり興味ないんだけど
これだけひどいことになると、ひとこと言いたくなってくるよ。
ほんとに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:59 | ☁ | 【俵】−おスモウさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする