2010年05月17日

ありがとうございます

ブログを開設して半月も経っていないのにも関わらず
大勢の方々が訪れていらっしゃいます。

本当にありがとうございます。

いつも抜けたようなオツムで書いてますので、この抜け加減がいいのかしら。

沢山の励ましをいただいたような気分で
これからも海をベースにしたこと、その他のことも書いていく予定ですので
どうぞ宜しくご訪問ください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 14:24 | ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石花海行き強行

2010.05.15

強行と書いたのは海のご機嫌悪く行くべきか
否かで迷った末に行っちゃいましたので。

天気図は申し分ない気圧配置なのに、海は何が気にくわないのか
ご機嫌宜しくない。

外堤防を出た状態では当然キャンセル状態。
しかし予報は午前中、三保沖も石花海も東寄りの風速4〜7メートルなので
東にある伊豆半島からの距離はどちらも大差無く、
おそらく石花海もこんなもので午後は南に変わりそうなので
(そんないい加減な判断でいいのだろうか)
それを計算の上でとろとろと自動操舵で船先を石花海のセット、
10ノットそこそこか。

漁船タイプの船は細身で重心の配置からも荒れた海には強くできている。
クルーザーのように波頭を飛び越しての走りではなく
上下の振幅を押さえ水をかき分けるようにして進むので安定感があります。

ところが大谷沖をかわしたあたりから急に波が緩んできて
22〜23ノットで走れる状態に。

我々は普段の行いがいいからかなぁ、
なんてAさんと寝言を交わしながらトリヤマにも目を配りポイントを目指す。
(トリヤマは全然出ない)

イサキ・アジのポイントに着いて魚影を探すも全くない。

先に竿を出していた遊漁船3艇も活気がなく、それではと南堆へ行ってみるも
こちらもぱっとせず、何でもいいから色々釣るかと北堆へ戻り
ここでのんびり根魚五目、
結構そこそこ楽しめた。

ダイワの400番電動を使っていたのだが、ここでとんでもないものを引っかけた。

オニカサゴ仕掛けにどうにも重くて引き上げられない程の重量で
ぐん、ぐぅーん、と下に引く根がかりのようにリールが廻らず止まってしまう。

ポンピングで上げようとするもリールは熱を持ち悲鳴をあげている。

このポイントでは鮫がよく掛かるが
せいぜい1メートル未満で400番の電動でも止まることなく上がる。

横でタモを持ったAさんと、メダイならいいね
なんて言いながら魚の姿だけは見たいと5号のハリスをかばいながら
腕も痛くなってきた。

どのくらい時間が経っただろうか。

やっと船べりに現れたのは、巨大鮫。

ガックリきた。

30kgは超えていたのでは。
今まで見たこともない。
ジンベイ鮫を小さくした形をしていた。

で、また次にも同じ事がくり返された。

今度のはいつも釣り上げる種類だが大きさは先程のと同じような巨大さ。
もう腕がメロメロ。(※)

結局オニカサゴ、アカイサキのおす、めす、ユメカサゴ、ウスメバル
ウケクチメバル、スルメイカ、ニギス(沖ギス)

五目通り越して何目釣りやら。
そこそこ楽しめた。

昼頃には予想通り南寄りの風に変わり
初夏の駿河湾西岸の景色を楽しみながらクルーズ。

途中遙か西の焼津沖に船団ができていた。

Aさんが言うには、カツオだろう、と。

いよいよ入ってきたかな。

楽しみ増えるなぁ。


釣果の一部
10.05.17_根魚五目.jpg

(※)=400番リールで釣り上げられたのが不思議だ。
きっと10センチもあるクッションゴム(腕)が利いたのだろう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:35 | ☁ | 【釣】−釣果−根魚五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする