2010年05月12日

シャフト船について

1軸インボート(シャフト船)のことを少し記してみます。

“10ノット程で魚探を覗きながら船を走らせ魚群を見つけた”
こんな時その真上に船を乗せたいですね。
シャフト船はこれがめっぽう苦手です。

魚群が魚探の右端に出た時は急いでアスターンを掛けるけれど行き過ぎてしまう。
これを元の位置に戻すのは至難の業。
何しろ小回りは全く苦手ときている。
これが船外機やドライブ船なら推進機そのものが向きを変えるから
極端に言えばその位置で回転可能だからポイント上にぴたり乗せられる。

インボートも2軸あればこれが可能だが、一般には1軸だ。
だから余程大きな魚群なら別だが小さい群はたいがいあきらめざるを得ない。

ダボハゼ丸は高速艇仕様になっているから
舵自体も一般のインボート艇の半分の面積しかない。

つまり普通舵はプロペラの直径いっぱいまで、あるいはそれ以上カバーしてるが
水の抵抗を減らすためにプロペラの半径分しか賄っていない。
後進の舵なんてまるで利かない。
少しでも風があると舵を切っても反対向きに後進したりする。

時々マリーナの桟橋に入れそびれた時などは修正がきかず

(あのへたっぴ何やってんだ)

なんて見られてしまう。

そのかわり直進性はバツグンだ。
スローで直進してもふらつきは全くない。
これはインボートの良いところ。
でもこれもそれも慣れてしまえばどうにでもなる。

6年前に静岡ヤンマーから購入し進水した時
マリーナの給油桟橋から後進でスターンを南西に振れるように舵を切ったら
北東に向いてしまってどうにもならなかった。

一瞬えらい船買っちゃった、と思った。
その時同乗してた静岡ヤンマーのHさんが

「慣れですよ、慣れ慣れ」

と言った事が昨日の事のように思い出します。

なるほど慣れちゃいました。
もぉー大丈夫!

もっともあの時の南西風はけっこう吹いてたけど。

ダボさんも色々船に乗ってきたけどやはりインボートが一番いいなぁ。

そうそう、Hさん、、いい人ですよ〜。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:29 | 🌁 | 【釣】−船の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

風に立つ船

先日漁船タイプの船について触れましたが(5月7日付「船の選択」)
もう少し補足してみます。

バウがドッシリ君、スターンが尻軽女と表現しました。
具体的に言うとバウの船底形状が深いV形になっていること。
これは風に対して左右のふらつきを水の抵抗面積を大きくして
押さえる役目をします。

一方スターンの船底形状はフラットで尚かつ出艫があること。
フラットな船底は風に対して横に動きやすくなります。

極端に言えばバウは微動だにせず中心となり、
それを基点にしスターンがふらふら横滑りする
(実際はバウが中心になる船なんてありません。
もっと中心は後寄りになりますが原理として)のが理想ではあります。

で、これに出艫があれば鬼に金棒。
スターンデッキの最後部の下部が海面に接してない部分が出艫ですが
ここにスパンカーマストを立てスパンカーを展開すると
真下には抵抗となる水面がないから
言わばテコの原理が働きスターン部を動きやすくできる訳です。

もうひとつ重要な事は、上部構造物は低く小さくスターン寄りにある事。
これは風力をできるだけ後部で受けたいからです。
さらに理想を言えばエンジンの位置はドッシリ君に。
従って前寄りが理想な訳でその事からすれば
スターンドライブ船よりシャフト船の方が理にかなっていますね。

他は風の支点、船底の水面下の支点などのややこしい計算は略します。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 16:02 | ☁ | 【釣】−船の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駿河湾の根魚

わてな、沖釣り始めて10年を超えたわ。

ほて、この頃よう思うんやけど駿河湾の魚、特に根魚、
よーけ減ってるのとちゃうんやろか。

釣行日誌ちゅうもん書き始めて今では1000回を超えたけど
改めてやなぁ500回目ぐらいのページを見ると最近の釣果は半分程になっとる。

わいは底物釣りが好きよってな、
海底地形はいつも興味持って魚探で覗いとるねん。

で、これが恐ろしい事やでぇ。

根の形が変わってしまった所や根そのものが無くなった所もあるやないか。

トロール船が底をさらってるのとちゃうやろか。
今の底引き網は深さ1000メートル以上の底も引ける言うし
何より強力やさかい、根の1つや2つ事もなく崩してまう言うやないか。

時々石花海へ行くけどトロール船が漁しとる。
それも根魚のポイントでや。

あんなんかなわんなぁ。

こんな狭い駿河湾で毎日あんなことされたら魚、獲り尽くされてまうのちゃうか。

鯖根沖や大谷沖あたりはトロール船見えへんけど
なるほど、魚もおらんようになったわ。
獲り尽くしたんやろなぁ。

そんな獲りこぼしを今わてらが釣っとる。
なさけないこっちゃ。

もっと外海のひろーい所でやってもらえんやろか。

せやから
オニカサゴ、アコウダイ、それにアラやアカムツは極端に少のうなってる言うか
おらへんがな。

ダボさんがみんな釣っちうから、ナンて言う人がおるけれど
そんなぎょーさん釣りはしませんでぇ。

しかしこんな楽しい遊びは次の代、次の代まで残しとうおまんなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:09 | ☁ | 【言】−ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

気象予報

釣行時にはヤフーとシマノの情報を参考にするのだが
波と風の予報が両者で大きく異なるのにはあきれてしまう。

例えば5月8日 清水、三保沖では

ヤフー  9時 東の風 2メートル 波2メートル
シマノ     南東の風3メートル 波1メートル以下

午後の時間帯では

ヤフー 15時 南南東の風2メートル 波2メートル
シマノ     南南西の風6メートル 波1メートル以下

両者はこれ程違うのだ。
実際は午後に南南東が5〜6メートル吹き出した。

大体ヤフーは波の高さを1.5〜2.0メートルにしている場合が多いが
NHKがそうだからか、1.5メートルの情報が港外に出てみるとベタ凪だったり
ものすごいうねりがあったりで
あまり参考にならないように思うのはダボさんだけだろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 16:07 | ☁ | 【言】−ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣行記

2010.05.08 シロギス

富士川沖のキスはまだまだ渋い。

水の色も芳しくなく海底には川から流れ出た木の葉があり
餌の付いた針先にこれがかかってしまうので尚更喰わない。

蒲原沖から由比沖も芳しくなく、ツヌケには程遠い。

水温が15度前後の海域が多く、この低温も影響しているようだが
この所の気温の上昇で活気づくのは間もなくと思われるので
急に釣れ始める事も十分期待できるが湾内の方が水温が高いので案外いいかも。

当日2人の釣果は、1.4kg程のマゴチ2匹、1.2kgのイネゴチ1匹、
800gのマハタ1匹。
お目当てのキスは4匹でした。トホホ・・・

尚カタクチ、チビ鯖は大量に居るのでこれを餌に泳がせてやるとおもしろい。

マゴチもマハタもこれで釣りました。


マゴチ.jpg
釣果の一部


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 12:03 | ☁ | 【釣】−釣果−マゴチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする