2021年03月17日

このゴム長靴は厳冬の沖釣りでも大丈夫

北海道は小樽市にある株式会社ミツウマ。
ゴム長靴(以下ゴム長)のメーカーで老舗の会社だ。
子供の頃から親しんできたゴム長は今では雨が降っても履く人は少ない。

昨年秋に小樽市へ行った時
いつも立ち寄る新南樽市場(しんなんたるいちば)で
防寒用のゴム長を見つけ少々値段は張ったが買ってきた。

とにかく20年もの間、冬の船上での足の冷たさに悩まされ靴下を3枚重ねたり
ホカロンを使ったりと色々やってきたが解決には至らずだった。

以前紋別で買ってきた防寒長靴は多少凌げたが満足ではなかった。
そんな折のミツウマ防寒ゴム長だった。
これは完璧で靴下1枚でも防寒性能が高く
もっと早くから知り得ていたらと思うほどで今年の冬はこれで乗り切った。

お役に立てたらと思いお知らせします。


このゴム長靴は001.JPG

このゴム長靴は00102.JPG

このゴム長靴は00103.JPG
これは一度使ったら手放せない。
船から降りたら真水をかけ塩分を洗い流すと長持ちする。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

今回もアカムツ狙いで 〜 3月10日釣行

うねりは多少あるものの18ノットほどで航行可能の海面を一路南下。
前回底引きが入ったのではのポイント。

やはり当たりはなく更に南下と考えたが帰路のこともあり
北のポイントへ移動するもAさん3匹、当方2匹の貧果。
一応ボウズは免れたから8連勝にはなるのだが不完全燃焼甚だしい。

アカムツは6〜10月頃が産卵時期で浅場に移るといわれるので
もう少し粘り強くやってみる価値ありか。
でもせめて4〜5匹は釣りたいなぁ。
500g以上を。
アジ、タイも釣れ出す時期にもなるから悩ましい。


今回もアカムツ狙いで.JPG
アカムツ大は600g。
せめてこのクラスが揃えばなぁ。
オオメハタとワキヤハタの区別がいまいちなんだけど
いずれにしてもアカムツと同じホタルジャコ科なので
食味は頗る良い。

ホタルジャコという小魚もいるが
これもちまちま3枚におろして片面を2切れにし刺身にするとこれも旨い。
しかしこの日は絵に描いたような貧果だったなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2021年03月05日

アカムツ7連勝 〜 3月4日釣行

車の修理が予定より早くできたので波風に多少の懸念があるもアカムツで出船。

案の定港内も穏やかではなく北東からの波が入ってる。
外堤防を出ても岬をかわすのがきつく10ノット程度。
回り込んでバウを南に向けてしまえば追い波になるのだが
それでも20ノットでは走れないほどのうねり。
北東は4〜5mほどでそれほど強くないのに。
鯖根ポイントに着くまで1時間ほどもかかったが
船を風に立ててしまえばドンブラコ状態ながら何とかなる。

さぁー釣ったるでーと意気込んで始めるも
当たりは取りにくいしコツンともこない。
外道もこなく辛抱したがAさんも覇気なし。

「これねきっと底引きが入ったんだよ、北のポイントに移ろうよ」

とAさんに言ったら

「その方がいいね」と。

しかし大きな波うねりに向かっての逆戻りだからこれは超難儀で
オートパイロットでも船はふらつくし船速は8ノット。
それでも何とかポイントに着いた。
頭をひねって改良した仕掛けに早々とアカムツと分かる当たりで喰ってきた。

バラシを注意しスローで巻き上げ。
途中独特のゴンゴンの引きをいなしながら
メタリックレッドが水中に見えてきた。

前回この状態で2匹バラシてるから慎重に取り込んだ。
海象悪く多くは釣れなかったがそれでも今回で7連勝。
これはAさん共々だからめでたいめでたい。

さて次回は8連勝なるだろか。


アカムツ7連勝001.JPG
大は700g。
脂が強いアカムツの昆布締めは時間を長めにすると旨味が増す。


アカムツ7連勝002.JPG
またまた旨いクロシビカマス。
小骨が多く変則的に入って嫌われるが
硬骨ではないから食べにくさはそれほどなく
旨味の強さの方が勝るから大歓迎の外道。
煮魚が楽しみね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2021年03月02日

車の修理で釣行できず

7連勝を狙ってアカムツ釣行したくうずうずしてるのだが
車の修理が長引いてそれが叶わない。
このところ気圧配置もパッとしないからちょうど良いか。

今まで8号針ス60cmにムツ針17号の仕掛けだったが
針ス長さ80cmにしムツ針18号を結んでみた。
早速試したいのだが車が使えなく悶々の日々。
以前にアカムツ10連勝の実績があるから
今回もあわよくばと手ぐすね引いてるんだけど。

湾内でのキロ級は難しいがせめて600g以上であれば脂の乗りもよく
少し強めの昆布締めにすれば肴に最適だし
手巻き鮨にでもすれば釣りびと冥利に尽きるしかーちゃんも喜ぶ。

前回6匹掛けてもう少しでタモ入りのところ2匹バラシてるので
針を大きくしたから案外良いかも。

もう少し経つとマダイの喰いもよくなる時節になるし
大アジも釣れるようになるからいろいろと忙しくなるぞ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2021年03月01日

アカムツ6連勝 〜 2月25日釣行

釣りものが乏しいから仕方なく1月21日から久々に始めたアカムツ。
今回で6回目だがボウズはなしで数の不満足な日はあったが6連勝。
2〜3匹釣れれば御の字と言われる魚だから高望みはしないけど。

過去のGPS内蔵バッテリー切れトラブルでポイントが全部消去しているので
新たに探さなければならず
何とも不自由だがいそうな海底地形は分かっているから
闇雲に探さなくても済む。

しかし良さそうなポイントはほとんど底引船が入っているね。
何しろ市場に出せば高値が付くから狙われるのだろう。
青魚のように回遊してくる魚ではないからひとたまりもない。

今回も例によってメト化したサバ短餌で新たな斜面を流してみた。
6匹掛けて2匹痛恨のバラシで悔しいのなんの。
それも10m切ったあたりのゴンゴンの抵抗で針外れ。
恐らく口元が切れたのだろう。
次回針を大きくしてみるか。

この針の大きさと針ス長さはいつも頭を悩ませるのがアカムツの仕掛け。
長い針スは喰いが良いようだが手前まつりが多発する。
あれこれ試行錯誤し作った仕掛けによく喰った時は
ことさら楽しいのは釣りびと皆同じ。
とにかくいろいろ考えての仕掛け作りに励むことになる。

次回もアカムツかな、7回目の。


アカムツ6連勝001.JPG
500〜600gでまぁまぁ。
バラシも同様だった。
皮を引いたら身の脂がテラテラして昆布締めが何とも言えず。


アカムツ6連勝002.JPG
この見てくれの悪い汚らしいのは地元小田原では人気のある「スミヤキ」。
標準和名「クロシビカマス」。
煮魚にすると超旨。
駿河湾では不人気なようだが相模湾では人気魚。
変則的に入ってる小骨が駿河湾では不人気の原因なのだろう。
地元スーパーでは結構な値段で売ってるね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ