2019年06月27日

オオメハタの天ぷら 実に旨い 〜 6月25日釣行

前回の釣果、オオメハタを刺身と天ぷらで食したが
刺身も中々だけど天ぷらの旨さったら
キスやアマダイは天ぷらが旨いがこれと同様か凌ぐほどに実に旨味が強い。
アカムツもそうだがホタルジャコ科の魚は皆旨い。

そのアカムツのナイスバディを久しく釣り上げた。
アジ、サバが相変わらずいないのでアカムツにリレー。
オオメハタやユメカサゴ混じりで飽きない程度に楽しめる。

当然置竿だが竿先を凝視してると“ボソボソ”っとした当たりが出るから
グイーっと合わせて乗せるとムツ針はがっちり掛かってくれる。
巻き上げは少々重いが手持ちで対した方がバレ難い。

後半になって潮が変わり重度の3枚潮でどうも操船できずあきらめて沖上がり。


オオメハタの天ぷら 実に旨い.JPG
久々のアカムツは700g×2匹。
刺身と昆布締めにしよう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

花は夜開く

さぼてん。
漢字では「仙人掌」と書くなんてつい最近まで知らなかった。

種類が多くそのほとんどが時期になると夜中に開花するから
早朝が一番きれいな見どころで午前中には萎んでしまう。

夏場に開花するが原色系が多く
手元にある種類も名前がわからないものだらけ。
下の写真もその中のもので早朝写した。

そうそう花は夜開くなんて歌が昔あったなぁ。
あっ、違ったっけ、夢だったかな。


花は夜開く001.JPG
名前はあるんだろうけどさっぱりわからない。


花は夜開く002.JPG
この蕾は今夜開く。


花は夜開く003.JPG
これも名知れず。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

アジ、サバ どこ行った? 〜 6月22日釣行

このところ広範囲にアジとサバの姿が見えない。
しかも旨々のゴマサバ今が食べ時なのに
どこを探してもモニターに写らず海底は静まりかえっている。

1匹だけ尾の方まで丸々とした700gのゴマサバ釣れたけどこれはまぐれ。
締めサバにこれ以上ない個体でこんなのが船上が戦場になる程釣れたらなぁ。

と、突然、置竿の先が海中に突っ込んだ。

そらぁーマダイがきたと手持ちにし竿の弾力と“腕クッション”フル活用で
更にドラグを緩めゴンゴンガクガクをいなしながら
上がってきたのは1.7kgのマハタ。

何とマダイ同様の引きをすることか。
底物高級魚で3日程熟成させて刺身と昆布締めにしたら旨いぞ!

しかしお目当てのアジ、サバがだめなので
保険のため用意してきたアカムツをやろうと沖へ船を走らせる。
前回Aさん2匹釣ったポイントに入る。

潮も素直で北東4m。
良い条件だ。

しかしアカムツの当たりはなくオオメハタやユメカサゴばかりで
3本針パーフェクトなんてこともあるが
ユメカサゴは小さいので少々場荒れのポイントには否めないが・・・。

それでもおかずぐらいは十分で
そうこうしてるうち予報通り東が強く吹き出してきたし
雨も降る状況になったので午前中で沖上がり。

帰りの高速から蒲原、富士川周辺の海面みたら乳白色だった。
キスをやらなくて正解だったなぁ。

でも本音はキス釣りたいんだけどなぁー。


アジ、サバ どこ行った001.JPG
この海域ではそこそこの1.7kgのマハタ。


アジ、サバ どこ行った002.JPG
オオメハタはホタルジャコ科だからめっぽう旨い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:35 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−マハタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

ヒスイカズラと成長した山菜

ヒスイカズラ、ご存じですか?
聞いたことあるけど実物見たことないとの方が多いでしょうね。

小田原フラワーガーデンの温室内で開花してるのを撮ってきた。
珍しい植物でその形も特異。
難度は少し高いが育てることが出来るという。

この公園の隣にある県立諏訪の原公園は
前にも紹介しましたが山菜も所々にあり6月の時期はすっかり成長し
来春芽吹きの為に葉が大きく開き
一般の木々と区別するのが難しくはなってるけど
山菜に興味ある人の目には一見して判別できる。

そのいくつかをヒスイカズラと共に紹介してみます。


ヒスイカズラと成長した山菜001.JPG
少々神秘的な色彩のヒスイカズラ。


ヒスイカズラと成長した山菜002.JPG
もうこうなると堅くて食べられないワラビ。


ヒスイカズラと成長した山菜003.JPG
一面緑の中でも山菜好きの目には直ぐにわかる。
大きく空を仰ぐ葉の姿は風格さえ感じられる山ウドの勇姿。


ヒスイカズラと成長した山菜004.JPG
あんな小さな若芽がこんなに大きな枝になるタラの木。


ヒスイカズラと成長した山菜005.JPG
これは山菜といえるかどうかマタケ。
一般の竹の子は孟宗竹。
このマタケそれより旨いという人多い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

魚がいないってどういうこと? 〜 6月18日釣行

凪も良し、風もいい按配。
久しぶりに大漁になるといいなぁと
静かな港内を抜けアジのポイントに入るも魚影が無い。

僅かに小さな反応はポツリと出るが魚種は判明せず
半蛇シャフト船では乗せられない。
広範囲に探してみたが海底は静まりかえっている。

仕掛けを落として魚影が出るのを待つがいつまでたってもだめ。
外道はおろか餌取りすらいない。
一日前に僚船が良形アジの釣果があったのに・・・。

こういう時、魚はどこへ行ってしまうんだろうと
地下鉄どこから入れたんだろの思考になってしまう。
かなり広範囲で探ってみたがどこも同じ。

そんな時近づいてきた艇の船長から「ブログ見ているよ」とのこと。
有難うございます。
そんな時釣れていればココいいよと教えてあげられたのに。

魚影があって釣れないのなら潮の関係や喰い気の好し悪しなど
いろいろ考えられることはあっても魚がいないって
どういうことだろか。

沖釣りはほんと奥が深い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする