2018年09月22日

何を釣りに行ったんだが 〜 9月17日釣行

気象予報は良くなかったが久し振りの釣行。

北東が5m吹いて南から2.5mのうねりで走り難く
15ノット程で1時間かけポイントに着いたが
船を立てるとうねりが出ドモを突き上げドッシーン。

海底の仕掛けは大きく上下に揺れ棚が定まっていないだろうから中々喰わず
大アジ反応も見えず貧果がオツムをよぎる。

70m立ちがだめで90m立ちに移動したらAさん共々ポツポツ釣れ出した。

しかしここも喰わなくなり110m立ちのアマダイに変更したら
こんなところにアジの反応が出てる。

大アジとアマダイの両方が楽しめた。

しかしここも直ぐ喰わなくなり10時半に沖上がりで実釣4時 間半。
帰路も向かい風で17ノットで帰港。


写真001.JPG
マアジ、アマダイ、チダイ、キダイ他、8目釣りになってしまった。
つまりゴモク釣りということか。


人気ブログランキングへ   GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:44 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

歯が痛くなったら

痛い思いをするのは大嫌い。
だから痛い苦しい思いをする検診は受けないようにしている。

とは言っても歯の痛みだけは急速にやってくるから直ちに歯科医へ走るか
沈痛剤を用いる以外に方法は見当たらない。

ところが昔から知る人ぞ知るという方法が一つある。

古くからの人智の一つだが塩とにがりを混ぜて歯ブラシに付け
歯と歯茎を磨くというかマッサージというか
これをやると痛みが消えたり和らいだりする。
不思議と効果がある。

もっと言えば毎日の歯磨きをこれでやると歯周病の予防にもなるようで
やってみる価値あり。

歯は普通に磨きポイントは歯茎全体をマッサー ジするようにすること。
あまり強く擦ると歯茎が痛くなるからほどほどにしないと。
何しろ塩とにがりなのだから。


歯が痛くなったら 001.JPG
市販されてる塩とにがり


歯が痛くなったら 002.JPG
塩とにがりを7:3で混ぜ合わせた


人気ブログランキングへ   GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

イトヨリを釣りに行った訳じゃないんだが 〜 8月28日釣行

駿河湾中部にイトヨリがよく釣れるポイントがある。

大アジポイントと重なることからそれを狙ってアジの酢締めが食べたいなぁ、

なんてことでポイントに入ると何故か本命が釣れず
イトヨリばかりのことがある。
それもデカイのが。

本命の大アジより遥かに嬉しいのだが狙って釣れる魚ではないから
釣ったのではなく釣れたと言うのがピッタリだ。

キロ近くになるとマダイが喰ったのかと思う程
ググーンググンとダイナミックな抵抗をするが
水圧に弱い魚だから浮かせてしまえば焦ることはない。

きれいな色合いだが南方魚のケバケバしいカラーではなく
見るからに上品な美味 しさを感じさせる。
身質は水分が多いから昆布締めに合うし小中形は塩焼きが絶品。
酒を飲みながら熱々をほじると酒が進む。


イトヨリを釣りに行った訳じゃないんだが 001.JPG
何故かイトヨリばかり釣れた。
前回は1kgピッタリを釣ったが今回のは800gを中心に良形。
大形は殆ど料理屋に行ってしまう高級魚。


イトヨリを釣りに行った訳じゃないんだが 002.JPG
チカメキントキの鱗落としはワイヤーブラシに限る。
ヒラメやマゴチもワイヤーブラシが良い。


人気ブログランキングへ   GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−イトヨリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

イトヨリの1kgはでかい 〜 8月18日釣行

大アジ狙いでそこそこだったが
外道で見たことないイトヨリの特大が“釣れた”。

釣ったのではなく釣れたのだ。

外道でマダイが来たのかなとワクワクしながら巻き上げてきたら
水中にカラフルなのがゆらゆら。

ぐぃーん、ぐぃーんと竿先絞りながら上がってきて
Aさんのタモにすっぽり。
見た瞬間こいつは昆布締めだなと。
どうにも食い意地が先走ってしまった。

今までこんなの見たことない。
Aさんは1kgオーバーの食べ頃サイズのマダイを釣り上げ満足顔。

早朝は時化模様だったがそのうち風波も落ちてきて
クーラーもそこそこになったので沖上がり。
実釣4時間くらいだ ったか。


イトヨリの1kgはでかい 001.JPG
ぴったり1kgのイトヨリ。


イトヨリの1kgはでかい 002.JPG
大アジそこそこ。
2.5mの波にしては上出来の釣果。
腹の中に脂肪の塊入りで旨々。


人気ブログランキングへ   GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:17 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−イトヨリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

締めサバ作り 薄皮剥きと血合い骨抜きのタイミング

サバの薄皮剥きは色々やってみたが一般的には酢締めの後でしょうか。
これも冷やした酢でまだ表面が濡れた状態の時でないとちぎれやすい。

最近試して良い成績が出た方法。

頭と内臓が取れた状態のサバ
つまり三枚おろし寸前の状態の背側と腹側の鰭の縁に沿って浅く包丁を入れ
頭側から薄皮を剥くときれいに剥ける。

しかも剥いた皮はサビキ針作りの最良の材料になる。
(酢締め後の皮は弱くなる)
今の所このやり方が一番良いように思う。
血合い骨は酢締め後が抵抗なく抜き易い。

こればかりは人それぞれの気に入ったやり方があるので一概には言えないが
色々試して自分に合ったやり方を見い出すのも魚料理の楽しみの一つ。

生の時のサバの血合い骨は
中々頑固で力まかせにやると途中でちぎれいらいらするね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:41 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする